アジア:イベント企画・運営

日本コンテンツを活用し現地若者たちにリーチします

日本文化を象徴する言葉として、近年話題の「COOL JAPAN(クールジャパン)」。アジアの若者の間でも、アニメ、マンガ、コスプレ、音楽など日本のポップカルチャーへの興味は、高まってきています。
トキオ・ゲッツでは、このクールジャパンコンテンツを活用した、オリジナルイベントを企画・運営しています。 現地若者市場をターゲットにする企業様は、これらのイベントへのご協賛や、イベント会場を使ってのPRなども可能です。

インドネシア イベント企画・運営事例

Hello Kitty Run Indonesia(インドネシア/ハローキティラン)

2016年11月:インドネシア・ジャカルタ南西部にあるイオンモールBSD CITYにて初開催。約4300人が参加。 2017年 9月:同会場にて二度目の開催。約4000人が参加。

CLAS:H (インドネシア/コスプレイベント)

2012年:AFAと合同開催
2013年:ジャカルタにて2回開催
2014年:インドネシア国内の4都市で地方都市予選実施
    (ジャカルタ、メダン、スラバヤ、ジョグジャカルタ)、決勝をジャカルタにて実施

タイ イベント企画・運営事例

Hello Kitty Run in Bangkok

2016年1月:タイ・バンコクのエアポートリンク・マッカサン駅特別会場にて初開催。
      約5000人が参加。
2017年2月:同会場にて二度目の開催。約5800人が参加。

台湾 イベント企画・運営事例

アニソンライブイベント ALIVE企画・運営事例

2013年開始し2014年までの間に合計5回のライブコンサートを実施。

中国 イベント企画・運営事例

UTA LIVE

2017年1月、現地で人気のアーティスト KOKIAさん、宮脇詩音さんをむかえたライブイベントを実施、約1,000名の観客が熱狂した。

HelloKittyRun China(上海)

2017年10月:国家会展中心にて中国本土初開催。約3,000名が参加。

ページトップへ